about「PLEXLOGGER (プレクスロガー)」とは

波形同期型ハイスピードカメラとは

波形同期型ハイスピードカメラとは 波形同期型ハイスピードカメラとは

これまでは、「ハイスピードカメラ」、「データロガー」、「モニタ」 が別々でしか利用できなかったため、それぞれの機材を用意し、セッティングも大掛かりで、大変な労力を必要としました。
また、各機材で別々にデータを取得するので、データの突合せにも多くの時間を浪費し、非効率であることが現場の大きな悩みでした。

↓

ハイスピードカメラ・データロガー・モニタがオールインワン!
さらに、高速映像と波形データを同期記録・再生、その場で解析!

高速度カメラデータロガーモニタ業界初のオールインワン!

高速度カメラ・データロガー・モニタがオールインワン

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)とデータロガーの機能が1台に集約。

しかも、現場で確認しやすい8インチモニタ搭載により、PCレスでその場で解析ができます。

「効率化」と「見える化」で現場の悩みを一挙解決!

1データ取得の効率化

データ取得の効率化
  • 簡単セッティング
  • その場でデータ取得と解析

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、データロガー、モニタが一体なので設置が簡単。
セッティングがすぐにできるので大幅な時間と人的コストを削減します。

データ取得の効率化

2現象の見える化

現象の見える化
  • スローモーション映像だけでなく、アナログデータの同期取得が可能
  • ハイスピードカメラ(高速度カメラ)だけでは分からなかったことが分かる

「プレクスロガー」は、開発現場や製造現場で目では見えなかった瞬間を、スローモーション映像と電圧、電流、圧力、振動などのデータ波形と同期記録し、その場で解析をすることができます。

現象の見える化
高速映像

自動車や産業機器、半導体、学術研究など様々な分野で、一瞬の動きや高速現象をスローモーション映像として見ることが可能です。自社開発の高感度カメラヘッドを搭載することで、従来の大型照明をなくし、短時間での設置が実現できます。

データ波形

データロガーと一体型のため、最大4chのアナログ信号も同期取得が可能です。
スローモーション映像と重ね合わせて、現象をより視覚的に確認することができます。

4chデータ電圧電流圧力振動など

※別途、電圧値として出力可能なセンサ等をご用意いただく必要があります。

シナノケンシと日置電機(HIOKI)ハイスピードカメラ(高速度カメラ)映像と波形データの同期記録・複合解析で技術協力
【シナノケンシと日置電機(HIOKI)】

3軽量・コンパクト

軽量・コンパクト・ポータブル
  • 小型・軽量だから設置・撤収があっという間!
  • 使うのが億劫にならず、広がる活躍シーン

本体の重さはわずか2kg。
今までのハイスピードカメラ(高速度カメラ)の常識を覆す、ノートパソコンのような小型サイズです。
必要なときに、いつでもどこでも簡単に持ち運びができます。
省スペース設計で狭い現場での設置も簡単です。

軽量・コンパクト・ポータブル

4お手軽価格

  • 現場ですぐに役立つ機能が満載のプレクスロガーはお手ごろ価格
  • 高いコストパフォーマンスを発揮!

パソコン用解析ソフトウェアも標準添付。
ハイスピードカメラ、データロガー、モニタ、ソフトを別々に用意し、記録データの同期システムを構築する場合の費用と比較してみてください。

5サーモグラフィへの拡張

サーモグラフィへの拡張
  • 業界初、サーモグラフィとデータ波形の同時記録を実現

サーモカメラヘッド(オプション)と接続すると、サーモ映像とデータ波形の同期記録が可能です。
「見えなかった瞬間」に加え、熱源など「見えなかった現象」までをも捉えて解析できます。
※ PL2、PL3のみ

サーモグラフィへの拡張
PAGETOP
PAGETOP