自動記録トリガ機能

サーモカメラ/センサ/制御信号

自動トリガ機能の一例

温度トリガ

サーモグラフィ(サーモカメラ)映像の設定領域の温度が閾値を超えると、
トリガがかかります。

レベルトリガ

アナログ信号の入力レベルの閾値が設定値を超えると、トリガがかかります。

外部信号トリガ

センサや設備装置の制御信号の組み合わせでトリガがかかります。

トリガ事前/事後の記録

トリガがかかった瞬間と、その前後の映像データ・信号データを自動記録します。

このページの先頭へ