センサとサーモ映像の同期記録

before after

以前より「サーモグラフィ映像」と「データ波形(電圧、音、振動など)」を同期解析したいとのご要望がありましたが、これらを実現するにはいろいろな機材やノウハウが
必要であり、同期精度自体にも不安の声がありました。
プレクスロガーサーモはオールイワンのため、本機1台でこれらのお悩みを解決するツールです。
映像だけでは分からなかった情報(電圧、音、振動など)を同期記録頂けるため、評価、検証、不具合解析などの効率が劇的に向上いたします。

同期記録・再生、その場で解析

撮影のきっかけとなるトリガー前後の映像・データを見ることができます。
トリガーはボタン操作、温度の変化、4chアナログ信号を用いた各種外部センサ(電圧、加速度、振動、音など)、装置の制御データからの信号に対応。
いつ起こるか分からない現象でも、確実に撮影できます。

基板の発熱

サーモグラフィ(サーモカメラ)+データロガー 「PLEXLOGGER Thermo」の映像

通電開始後のICチップの温度上昇と、電源の電流波形を同期して記録することで、基板表面の温度むらと、電流と温度上昇の因果関係が定量的に同期解析することができました。

活用事例はこちら
このページの先頭へ