サーモグラフィ(サーモカメラ)と高速度カメラのマルチカメラ機能。

高速度カメラとしても利用可能

ハイスピードカメラヘッド(オプション)と接続すると、ハイスピードカメラ映像とデータ波形の
同期記録が可能です。
一瞬の動作で確認することができなかった「見えなかった瞬間」まで捉えることができます。

▼ハイスピードカメラのサイトはこちら
「PLEXLOGGER (プレクスロガー)」

ハイスピードカメラ

バッテリーユニットオプション

あらゆる場面で温度解析

1充電で2時間サーモカメラ使用

PLEXLOGGER本体ユニットは、バッテリーオプションを装着してもわずか2.7kg。
本体下部に簡単に装着でき、設置面積もそのままです。
駆動時間は約2時間で、電源が確保できない現場でも、撮影から解析までその場で行えます。

多チャンネルにも拡張可能

HIOKI(日置電機株式会社)のデータロガー「メモリハイコーダシリーズ」との連携で、
5CH以上の多チャンネル対応型データロガーとして拡張することができます。

HIOKIメモリハイコーダ

連携イメージ

  • 1.「PLEXLOGGER Thermo」のサーモグラフィ(サーモカメラ)で撮影した映像と、HIOKI「メモリハイコーダシリーズ」で測定対象のセンサから収集した波形データを、
    複合解析することができます。
  • 2.「PLEXLOGGER Thermo」にHIOKI「メモリハイコーダシリーズ」のデータを取り込むことで、パソコンを使わずにその場で複合解析することができます。
  • 3.「PLEXLOGGER Thermo」に標準添付している解析ソフトウェア「PLEXLOGplusⅡ」を使い、両社製品の同期記録データをパソコン上で複合解析することもできます。

サーモ映像と多CH波形データ

▼日置電機:HIOKI データロガー(メモリハイコーダシリーズ)の製品情報
HIOKI 製品情報はこちら

▼日置電機:HIOKI データロガーの対応機種は、別途お問い合わせください。
お問い合わせフォーム

サーモグラフィ+高速度カメラ

複数台使用することで、サーモグラフィ(サーモカメラ)映像とハイスピードカメラ(高速度カメラ)映像、アナログ信号を同期記録することができます。
温度変化の現象と、一瞬の瞬間映像を簡単に同期して記録することが可能となります。

複数台同期

このページの先頭へ