CASE STUDY活用事例

サーモグラフィ+データロガー 「金属引張試験(強度試験)」

課題・テーマ

金属材料の弾性、強度の解析。

プレクスロガーでわかること

金属材料の引っ張り・曲げ試験等において、応力が集中する点が発熱することを利用し、荷重信号を入力しながら温度分布を観察することで、さまざまな荷重に対する応力分布や変形、破断箇所の検証を行うことができます。

撮影条件

フレームレート:30fps
シャッタースピード:Open
取得信号
CH1:荷重信号

レコメンド動画

活用事例集資料請求承ります

活用事例集資料請求承ります

PAGETOP
PAGETOP