CASE STUDY活用事例

サーモグラフィ+データロガー 「自己発熱ファン」

課題・テーマ

自己発熱ファンの温度解析。

プレクスロガーでわかること

発熱ファンの回転パルス信号と温度変化の様子を映像と同期記録することで、ファン回転数と表面温度上昇の相関性を簡単に解析することができます。
また、熱電対・騒音計などのセンサとの組み合わせで、室内温度の上昇評価や騒音対策などの複合解析も可能です。

撮影条件

フレームレート:60fps
シャッタースピード:OPEN
取得信号
CH1:ファン回転パルス

レコメンド動画

活用事例集資料請求承ります

活用事例集資料請求承ります

PAGETOP
PAGETOP